ニュース・お知らせ

Digi-Key社【アプリケーションラボ】技術解説記事のご紹介「電池駆動のBluetooth 5認証マルチセンサIoTデバイスの迅速なデプロイ」

     
   
     
     
  MAIL MAGAZINE

No.1269 2020.02.11
 
     


3,000円以上お買い上げで送料無料
 

 

 

TOPICS

 
     
 

◇Digi-Key社【アプリケーションラボ】技術解説記事のご紹介
 「電池駆動のBluetooth 5認証マルチセンサIoTデバイスの迅速なデプロイ」

◇第2回ものづくりのヒントを探す読書セミナーを2月21日(金)に開催します!
 「AI時代の論理的思考力を養う文献精読塾」セミナーにご参加ください

◇PICK UP PRODUCTS

 
     
 
 
       
  Digi-Key社【アプリケーションラボ】技術解説記事のご紹介
「電池駆動のBluetooth 5認証マルチセンサIoTデバイスの迅速なデプロイ」
 
       
 
 

  「アプリケーションラボ」は、Digi-Key社のご協力をいただいて、Digi-Key社が公開している新製品や技術情報を日本語でご紹介するWebページです。基礎技術から最新技術まで有益な情報を公開していますので、是非ご活用ください。

 今回は、低消費電力のIoT機器を短期間で開発するのに最適なON Semiconductor社のモジュールRSL10について解説した記事をご紹介します。

■電池駆動のBluetooth 5認証マルチセンサIoTデバイスの迅速なデプロイ
 最近はウェアラブル機器をはじめとして、家電や自動車、医療用機器、照明、施錠器具など、Bluetoothに対応した電池駆動のスマート製品の開発が進められています。これらは高機能でありながら低消費電力が求められるなど、設計が難しいにも関わらず短期間で市場に投入しなければなりません。そのような要求に最適なデバイスがON Semiconductor社のRSL10です。なお、デプロイとは機能やサービスを利用できる状態にすることです。

 RSL10は消費電力が非常に小さいため、以前に【アプリケーションラボ】ではエナジーハーベストによる電池不要のスイッチとして解説を行っています。

 RSL10は、汎用処理用にArm Cortex-M3コア、特殊アプリケーション用にON Semiconductor独自の32ビットDSPコア(LPDSP32)が搭載されています。さらに、384Kバイトのフラッシュ、76Kバイトのプログラムメモリ、88Kバイトのデータメモリ、Bluetooth物理層(PHY)をサポートする2.4GHz RFフロントエンド、Bluetooth 5.0プロトコルをサポートするベースバンドコントローラなどが搭載されています。

 RSL10は1.1V~3.3Vの電源電圧で動作し、消費電力は非常に低く抑えられています。スタンバイモードの消費電流は30μAで、ディープスリープモードでウェイクアップのみにすると消費電流は50nA(バッテリー電圧1.25V時)になります。

 また、設計をより簡単にするために、RSL10チップ、受動素子、アンテナを1パッケージに集積したSiP(システムインパッケージ)も用意されています。このデバイスはBluetooth認証を取得済みなので、RF設計は不要と言えます。

RSL10-SiP

 【アプリケーションラボ】の解説記事では、RSL10の性能ならびに効果的なシステム設計の手順について詳しく解説しています。ON Semiconductor社からはRSL10ソフトウェア開発キット(SDK)が提供されており、RSL10 CMSIS-Packとして、ドライバ、ユーティリティ、サンプルコードなどが配布されています。

 さらに、マルチセンサ評価キットRSL10-SENSE-GEVKを使用すれば、RSL10を評価するだけでなく、そのまま製品に組み込むこともできます。このボードには、周囲光センサ(NOA1305)、慣性計測ユニット(BHI160)、3軸デジタル地磁気センサ(BMM150)、環境センサ(BME680)、デジタルマイクロフォンなどが搭載されています。

RSL10-SENSE-GEVK

 ここで解説されているデバイスは、マルツオンラインのウェブサイトで購入できますので、是非参考にしてください。

Bluetooth 5 Radio SoC
【NCH-RSL10-101WC51-ABG】 1,098.75円
Bluetooth 5 SIP
【NCH-RSL10-101S51-ACG】 1,441.57円
RSL10センサ開発キット
【RSL10-SENSE-GEVK】 6,460円
RSL10センサ開発キット(デバッガー付き)
【RSL10-SENSE-DB-GEVK】 15,009.78円

 下記の2本の解説記事も同時に公開しました。合わせて参考にしてください。

■FPGAの基礎(第1部):FPGAの概要とFPGAが必要な理由
 RISCやCISC、グラフィックスプロセッサなどを使用したハードウェア設計においてFPGAを必要とする場合が多々ありますが、設計者の多くはFPGAの機能や取り込み方法に関する知識が不十分です。そこで、2回に分けてFPGAの基礎と使い方を解説します。今回は、FPGAを活用できる設計シナリオとFPGA機能の基礎について説明します。

■センサ搭載前にドローン設計のトレードオフを理解する
 ドローンはバッテリ駆動であり、低コストも要求されることから、機能やサイズ、重さ、消費電力などで絶妙なバランスを取る必要があります。センサやイメージング機器を検討する際には、このバランスを見極めることが重要であり、ここではドローンにどのようなセンサを搭載すればよいかをトレードオフする考え方について説明します。

  

 
 
       
 

第2回ものづくりのヒントを探す読書セミナーを2月21日(金)に開催します!
「AI時代の論理的思考力を養う文献精読塾」セミナーにご参加ください

 
       
 

 

 

 マルツエレックでは、AI時代のものづくりのヒントを探す読書セミナーを1月24日(金)の第1回に引き続いて、2月21日(金)に第2回を開催いたします。

 第1回のセミナーでは、「AIと意味」の関係を考える手がかりとしてユヴァル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』を取り上げました。人類の歴史を動かす鍵としてハラリ氏が注目したのは、人類が「虚構」を作り出して共有する力です。このセミナーでは虚構を作って共有するための「メディア技術」の歴史に焦点を当て、音声から文字、印刷技術への進化と、それにともなう「意味」のあり方の変化について考えました。

 AIが扱う客観的な「データ」と人間が扱う主観的な「意味」をつなぐ鍵は、ハラリ氏のいう「虚構」や「共同主観性」にあり、虚構や共同主観性は言語を含む「記号」に支えられています。

 そこで第2回のセミナーでは、ハラリ氏の著作と合わせ、言語や記号が意味を生成する力について理解を深めます。今回は特に、言語の分節作用に着目し、『サピエンス全史』に加えて中沢新一氏の著作『レンマ学』を精読します。

 この機会に、是非ご参加ください。

「サピエンス全史」「レンマ学」

●講師:今江 崇氏[博士(学術)、電気通信大学、マルツエレック株式会社顧問]
●日時:2020年2月21日(金)13:30~16:00
●場所:マルツエレック本社(東京本社)【地図・アクセス】 
●料金:15,000円(税別)/回【資料代含む】
●定員:6名
●ご持参いただく物:
 (1)中沢新一著『レンマ学』
 (2)ユヴァル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』(上下巻)
●セミナーの内容
 前半は、講師による論点の整理と思考の手がかりとなる概念体系の紹介を行います。後半は、ポイントとなるページを参加者で精読し、その概念体系と論理を読み解き、問題の立て方を考えます。
 第1回に未参加の方も、第2回からのご参加を歓迎いたします。

 

 

 
 
     
  PICK UP PRODUCTS  
     
 
 
MEVA-TB67H450FNG
     
  DCブラシモータ ドライバIC(TB67H450FNG)評価基板
【MEVA-TB67H450FNG】
3,900円
 
     
  DIP-IRSM808-204MH
     
  IRSM808-204MH DIP化基板
【DIP-IRSM808-204MH】
3,480円
 
     

 

  SSONY-SPRESENSE-MAIN
     
  SPRESENSEメインボード CXD5602PWBMAIN1
【SONY-SPRESENSE-MAIN】
6,190円
 
     
 
 
 
455-00083
     
  SENTRIUS BT510 SENSOR W/ MAGNET
【455-00083】
5,807.78円
 
     
  1068454
     
  丸型コネクタ Phoenix Contact 1068454
【1068454】
1,154.88円
 
     
  DM320209
     
  Microchip Technology Curiosity PIC32MZ EF 2.0開発ボード(DM320209)
【DM320209】
6,201.11円
 
     
 
 
 
     

 

■テキサス・インスツルメンツ(TI)社の製品を1個から販売中!
 マルツオンラインではTI社の半導体を1個からご購入いただけます。
 マルツエレックは米国Digi-Key社と正規代理店契約を結んでおり、Digi-Key社を通じてTI社の正規販売店の認定を受けています。
 マルツオンラインに掲載のない製品も調達可能ですので、少量からでもお気軽にご用命ください。
 ◎テキサス・インスツルメンツ社製品はこちら

キャッシュレス・消費者還元事業のご案内
 マルツオンラインは10月21日よりクレジットカード決済したお客様に5%還元される
 「キャッシュレス・消費者還元事業」制度に加盟いたしましたのでご報告申し上げます。

 「キャッシュレス・消費者還元事業」は2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
 需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、
 消費税率引上げ後の一定期間に限り、キャッシュレス手段を使ってポイントを還元する制度です。

 ▼詳しい内容はこちらをご覧ください
 

■代替品、部品選定 マルツにご相談ください。 部品・部材調達代行サービス
 マルツではマルツオンラインに掲載の無い型番やEOL品等も、秋葉原界隈やマルツ独自のネットワークで調達しお届けします。
 ご依頼はこちらのオンラインフォームからお願いいたします。※ログインをお願いいたします。
 https://www.marutsu.co.jp/TEstimatesCartDetail.jsp

■マルツオンラインは【3,000円以上】のご購入で送料無料です!
 送料無料まであと少し!500円以内の製品を集めたワン・コイン・コーナーも是非ご利用ください。
 https://goo.gl/MYYUih

■本メールマガジンに記載の価格には特別な場合を除き消費税は含まれておりません。

■ものづくりのヒントが満載 マルツの技術情報
 http://select.marutsu.co.jp/list/detail.php?id=257

■本メールマガジンに記載の商品につきまして、一部の営業所で【在庫していない場合】がございます。
 営業所での【最新の在庫状況】につきましては、事前にお問合わせいただけますと幸いです。
 各営業所の連絡先はこちらからご覧ください。

■営業所受け取りサービス 即日受け取りも可能です。
 マルツオンラインでご購入いただいた製品を、全国11営業拠点にて、送料無料でお受け取りいただけます。

 
     
 
 
                   
 
 
 
 
  ・このメールはメールニュース購読をお申し込みいただいた方に配信しております。購読解除はこちらから。
・個人情報の取扱については プライバシーポリシーをご覧ください。
・本メールアドレスは送信専用です。お問合わせは下記よりお願いします。
 お問合わせフォーム | お問合わせダイヤル: 03-6803-0209 (営業時間 9:00~19:00) ※日曜日除く
 

 
 
 
 
マルツエレック株式会社
Copyright(C) Marutsuelec Co.,Ltd. All Rights Reserved.
 
 

ページトップへ