2016年08月16日

SPICE

水晶振動子のシミュレーション【SPICEシミュレーション連載講座】

マルツのSPICE回路シミュレーション講座。今回は水晶振動子のシミュレーションをご紹介します。 サンプルデータのダウンロードは下記URLからお願いいたします。


水晶振動子は下記の通り、抵抗、コンデンサ、コイルからなる等価回路で表現されます。

 

図.水晶振動子の等価回路 Crystal Oscillator Model- Simulation Circuit

 

 

スクリーンショット 2016-08-12 10.49.35

 

こちらの回路のシミュレーション結果の一例を下記に示します。

スクリーンショット 2016-08-12 10.51.26

 

シミュレーションの条件は、下記のように設定しています。

{

   Npanes: 1

   {

      traces: 1 {2,0,”V(osc)/I(V2)”}

      X: (‘M’,1,100000,9.99e+006,1e+008)

      Y[0]: (‘_’,1,10,9999,100000)

      Y[1]: (‘ ‘,0,-100,20,100)

      Log: 1 1 0

      GridStyle: 1

      PltMag: 1

   }

}

 

下記のサンプル・データをダウンロードいただき、シミュレーションをお試しください。

http://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/download/160816/Simulation_osc_files.zip

 


マルツエレックの研究開発(R&D)支援サービス

【等価回路開発】

等価回路を作成することで、デバイスの動作検証及び アプリケーション開発が出来るようになります。

【デバイスモデリング】

お客様の必要な電子部品のSPICEモデルをご提供します。

【回路シミュレーション】

再現性が高く、解析時間を短縮できるシミュレーションをご提供します。 収束エラー問題も解決いたします。

SPICEによる回路シミュレーションの高度な技術で、お客様の研究開発をサポートいたします。

http://www.marutsu.co.jp/pc/static/large_order/rd_service

詳細なご案内は上記リンク先に掲載しております。お問い合わせもこちらからお願いいたします。

ページトップへ