2015年06月09日

オーディオ

Combo384のファームウエアアップグレード方法

1.AmaneroのサイトからCombo384のファームウエアoemtool117u.zipをダウンロードして解凍する。

http://www.amanero.com/oemtool117u.zip

 

2.セットからCombo384をはずしてUSB接続する。

 

<注意>USB-DAC基板とCombo384の接続には、スペーサーと基板の間に絶縁用のナイロンワッシャーが4か所入っています。Combo384を外す時に無くさないように注意してください。また、もとに戻す時もナイロンワッシャーを入れ忘れしないようにしてください。

 

DSD-Switch-v0.91_8676_image003

 

USB接続した状態でP3の右側2箇所(写真矢印)をワイヤーなどで1秒以上ショートする。

 

3.一旦USBをはずして再接続する。

DSD-Switch-v0.91_8676_image004

 

 

4.oemtool117u.zipを解凍した中のConfigTool.exeを実行する。

パスワードはcombo384

DSD-Switch-v0.91_8676_image006

 

DSD-Switch-v0.91_8676_image008

 

 

5.CPLD_for_1080を選択してFlash CPLDを実行

DSD-Switch-v0.91_8676_image013

 

書き込みには時間がかかります。(1分以上)

実行が終わったらUSBケーブルをはずして再接続する。
さらに、4秒以上待ってからUSBケーブルをはずして再接続する。

 

ng

このように Please Erase the Devicesという表示が出た場合は、消去が出来ていません。

このソフトを終了して2番からやり直してください。 ショートがうまく出来てない可能性があります。

 

6.firmware_1095bを選択してFlash CPUを実施

DSD-Switch-v0.91_8676_image016

 

こちらも書き込みには時間がかかります。 

 

7.FlashCPU実施後USBケーブルをはずして再接続すればアップデート完了です。

DSD-Switch-v0.91_8676_image017

ページトップへ