2015年11月14日

セミナー

満席「Arduinoでマイコンをはじめよう!(4回目) Arduino番外編マイコンレーサー2 プログラム楽しさ体験」

●講 師:磯 佳実 氏
●日 時:12月6日(日)13:00~18:00
●場 所:マルツエレック本社
千代田区外神田5-2-2 セイキ第一ビル7F 【MAP】
セミナー開催場所が変更になりました。
●料 金:7,800円(税別)【テキスト代 キット代込】
●定 員:10名
———————————————
※※ キャンセル待ちでの受付になります ※※

※セミナーの受付を締め切らせて頂きました。 たくさんのご応募ありがとうございました。

初心者向け Arduinoマイコンセミナー 第4回目 Arduino番外編マイコンレーサー2でプログラム楽しさ体験を開催します!
・今回はArduinoUNO、ブレッドボード、スターターキットは使いません。※マルツマイコンレーサー2キットを使います。

 

●概要:
アルドゥイーノは2005年イタリアで始まったプロジェクトです。文科系の学生やアーティスト、デザイナーなど誰でもが使える簡単で安価なマイコンシステムを目標に開発されました。
マイコン内部の構造や動作などを知らなくても動かすことのできる斬新なマイコンシステムです。
制御レジスターやA/Dコンバーター、タイマー、割り込みなど従来では敷居の高かった内容理解も必要ではありません。
マイコンや電子工作に興味のある方、従来マイコンの学習で行き詰った方にお薦めします。しかも過去に勉強したC言語も無駄にはなりません。

第1回目では開発環境の整備、ArduinoUNOのボードの構成、ブレッドボードおよび周辺部品(タクトスイッチ、LED、抵抗)、Arduinoの言語について学習し、デジタル入出力の演習として、タクトキーを押すとLEDが点灯するシステムを製作しました。

第2回目はアナログ入出力について学習しました。ArduinoではA/Dコンバーターを使ってアナログ値を取り込んだり、PWMを使ってLEDの明るさを変えたりすることも簡単にできてしまいました。タイマーを使って音階を出したり、シリアル通信機能を使ってパソコンと通信することも簡単にできました。

第3回目は電子工作のシステムを構築しました。自然界の現象を捕らえてマイコンに情報を伝達するセンサーとセンサーからの情報に基づいてアクチュエーターを制御するドライバーに信号を出力するマイコン処理。これらのことをArduino UNOとブレッドボードで実際に体験しながら、関連するハードウェア、ソフトウェアを学習しました。

第4回目は電子工作のひとつの頂点であるライントレースロボットカーを体験します。
第3回で使った赤外線反射センサーを4個使って幅19mmの黒い線を検出し、マイコンで左右の2個のモーターを制御してスムースに速く走らせます。
ライントレースカー自体はマイコンカーラリーで20年の実績のあるルネサスが設計、マルツエレックが製造したマイコンレーサー2キットを使います。
使用マイコンはArduinoではありませんが(ルネサスR8C)プログラムは小学生高学年でもできるブロックコマンダーというブロックをつないで作る簡単にできるものを使います。
楕円コースを早く走らせたり、クランクコースやレーンチェンジにもチャレンジします。プログラムによって走り方が変わるのでプログラムの楽しさを体感できます。
是非お子様やお孫さんにもこの楽しさを伝えてください。
単4電池2本で動作しますがArduinoを使った電池残量計の作り方も紹介します。Arduino電池残量計については講義のみの内容です。実習等はありません。)

 

●対象者:
・はじめてマイコンをやってみようと思う方
・電子工作がお好きな方
・過去にマイコンの学習で行き詰った方
・小中学生のお子様、お孫さんに理科・電気・工作への興味を持たせたい方
※マイコンレーサー2は中学校技術家庭科「計測と制御」の教材にもなっています。
・今回はArduinoUNO、ブレッドボード、スターターキットは使いません。マルツマイコンレーサー2キットを使います。

・マイコンレーサー2の組み立てはドライバとニッパを使うだけです、半田付け作業はありません。

・実習で使ったマイコンレーサー2およびコースはお持ち帰りいただけます。

 

●内容:順不同
●第1回、第2回、第3回の復習デジタル入出力、アナログ入出力、シリアル通信、tone関数、センサとドライバー

●マイコンレーサー2の構造と組み立て

●レーサー2プログラムブロックコマンダーとドライバのインストール

●左右モーターのばらつき測定と補正

●楕円コースをスムーズに早く走らせる

●クランクコースとレーンチェンジをプログラムする

●Arduinoを使った電池残量計を作り方Arduino電池残量計については講義のみの内容です。実習等はありません。)

 

●学習のポイント:
・マルツマイコンレーサー2キットとコースを使いますので、PC(パソコン)だけ準備いただければすぐに始められます。
・基礎から始める入門編ですので、マイコンや電子回路になじみのない文系の方やデザイナーの方でも大丈夫です。
・ハードウェア:マルツ製マイコンレーサー2キットを使います、ハードの完成度が高いのでプログラムの醍醐味を体験できます。
・ソフトウェア:ブロックコマンダーというわかりやすいソフトです。 Arduinoより簡単です。
・Arduinoを使ったレーサー用電池の残量計も作り方も紹介します。(Arduino電池残量計については講義のみの内容です。実習等はありません。)

 

●持参物:
・Windowsノートパソコン(Vista)/7/8/8.1/8.1update
・USB-miniBケーブル( (USBAオス- USB-miniBオス)

———————————————

●お申し込み方法

必要事項(ご希望の講座名と開催日・参加者のお名前・住所・電話番号・eメールアドレス)を
下記いずれかの方法でお知らせください。

・下記「お申込みはこちらをクリック!」ボタンより申し込みフォームへリンクします。
ご希望の講座を選択して必要事項をご記入・ご確認のうえ送信して下さい。
ご記入いただいたメールアドレスへ自動送信にて確認メールが送られます。

・お申し込みフォームがご利用になれないお客様は
メール <makelab@marutsu.co.jp > またはFAX:03-5289-0003まで
上記必要事項を明記して送信してください。
折り返しメール等にて受付確認のご連絡を差し上げます。

 

●ご連絡先
marutsu make lab[マルツ秋葉原2号店]
TEL :03-5289-0002
FAX :03-5289-0003
MAIL:makelab@marutsu.co.jp

 

ページトップへ