2016年11月30日

FPGA

マルツパッケージ MAX10 FPGA入門基板で広がる新たな世界をご紹介!

マルツエレックではCQ出版×アルテラ社×マルツエレック 協賛企画、トランジスタ技術2016年4月号増刊『FPGA電子工作スーパーキット』に連動し、 同書付録基板の部品実装済み品【MAX10-FB(FPGA)基板】と【MAX10-JB(JTAG)基板】・【MAX10-EB 拡張基板】を好評発売中です!

MAX10-FB基板・JB基板・EB基板は、Raspberry Piやそのシールド、MARY基板など、複雑な入出力が可能なモジュールと組みあわせて高度なシステムを構築でき、 ハイレベルなものづくりに携わる方から、理工系や工芸系の大学生、大学院生の皆さんにもおすすめです。

組み合わせ例をご紹介

MAX10−FB、JB、EBの3種類の基板の詳しい使い方は、書籍『トランジスタ技術4月号増刊号 FPGA電子工作スーパーキット』(著者:圓山宗智先生)で解説されています。

応用例1 FB基板×EB基板 + Raspberry Pi + シールド

EB基板を介して、MAX10−FB基板と、Raspberry Pi、タッチLCDパネル・ボードやアナログ・ボードなどのRaspberry Piの拡張基板(シールド)や、 HAT規格(Hardware Attached on Top)の基板を重ねることができます。

例えば、MAX10ーFB基板を載せたEB基板とRaspberry Piを接続し、その上に更にタッチLCDボードを重ねれば、 FPGA内の論理回路をタッチLCDから制御することも可能です。

応用例2 FB基板×EB基板 + Raspberry Pi + MARY基板×EB基板

MAX10ーEB基板には、マルツエレックのMARY基板シリーズも接続可能です。MARY(MCU Array)基板シリーズにはOLED基板GPS基板XBee基板カメラ搭載基板などがございます。

MAX10ーEB基板は複数枚重ねて使うこともできます。Raspberry Pi、MAX10−FB基板を載せたEB基板、MARYを載せたEB基板を三枚重ねにすれば、大規模なシステムの構築も容易になります。

応用例3 FB基板×EB基板 + Raspberry Pi + JB基板

JB基板も組み合わせてRaspberry Pi上でJTAG Playreを走らせれば、  Raspberry PiからMAX10−FB基板上のFPGAをコンフィグレーションすることも可能です。

参考文献&引用元文献
『トランジスタ技術』2015年11月号 CQ出版
圓山宗智,『FPGA電子工作スーパーキット』CQ出版,2016年

各ワールドの商品詳細はこちらから

ページトップへ